現代の科挙試験

 修了試験の合間に、テスト理論の専門家のDr. Suenが中国の科挙試験の歴史についての講義をやっていたので聴きに行ってきた。科挙試験というと、狭い土蔵のようなところに閉じ込められて、数日間ぶっ通しで丸暗記してきた四書五経を解答用紙に書き続けるとか、カンニングのテクニックがすごかったとか、断片的な知識しか持っていなかったが、今回の講義でテストのシステムから会場の作り、テスト社会化の影響など、かなり体系に理解できた。面白かったポイントをいくつかメモしておく。
・隋の7世紀から清の20世紀初頭まで(元の時代に空白あり)、科挙試験は面々と続いて、現在の中国のテスト社会の文化はその流れにある
・科挙試験をモデルにアジア各国はもとより、ヨーロッパ各国でも試験制度が整備された
・各地の試験会場は数千人から数万人収容の施設で、カンニング防止のための厳しい監視体制が施されていた
・省レベルの試験では(科挙試験は大きく分けて県、省、首都レベルの3階層あった)、受験生は9日間に、四書五経、作詩、政治分析の3科目をそれぞれ3日間(それぞれ間に一日休み)受験して小論を書く。
・数千人から提出された小論は、数万枚にものぼるが、各会場の試験官はたったの14人で、15日以内に採点を終えないと罰せられたため、試験官たちは四書五経の試験の結果を残りの科目にも適用した。そのため結局は四書五経の出来が結果を左右した。
・その時々の政権で、答えに書いてはいけないNGワードがあって、それを使った受験生は打ち首になったり、試験資格停止になったりした。問題のあった試験会場の試験官も罰せられた
・試験に受かるかどうかで人生が左右され、受かれば郷里へはパレードで凱旋だったが、落ちればうちに帰る金もなく、落ちぶれた日々を過ごさなければならかなった
・3階層の試験全てにトップ合格した人は三元と呼ばれ、科挙の長い歴史でも十数人しかいなくて、とても稀なことからマージャンの大三元の由来となった
・文官試験と同じく武官試験も整備されたが、受験してきたカンフーマスターたちの多くは字が読めなかったので、実技はできても筆記試験が機能せずに廃れていった
・唐や宋の時代には作詩がテスト科目に入っていたのでみんな詩の勉強をして、その頃に偉大な詩人が多く輩出されたが、元以降には科目から外されたためにその後はさっぱり偉大な詩人が現れなかった
・医療は科挙の初期の頃は、試験に関わらず志される職業だったが、後期は試験でダメだった人が志す職業になった
・工業や商業は卑しいものの仕事だとされたために、長い間停滞した(紙の発明や医療技術などの中国の優れた発明はみんな科挙以前)
・西洋の物語のヒーローは、騎士や戦士などのアクションヒーローが主流だが、中国のヒーローは科挙試験の優等生
・明や清の時代の小説家(三国志、水滸伝、西遊記などの作者)たちは試験でうまく行かなかった人たち
・厳しい対策にもかかわらず、収賄やカンニングが横行してさまざまな事件が起きた
・模範エッセイを小さな字で書き込んだシャツや豆本を作るカンニンググッズの専門会社が繁栄した
・途中で受験をあきらめて地方で家庭教師をやったり、下級官吏で雇ってもらったりする人もいたが、何十年も試験を受け続ける人もいて、「プロ受験生」化したり、受験勉強だけで人生を送る多年浪人生は社会のパラサイト化していた
・科挙試験のおかげで、教育を重んじる文化が形成されたが、試験の準備=教育だった
・科挙試験の文化は現代のテスト社会に色濃く残っており、過度な受験戦争の弊害が続いている
 など、面白いエピソード盛りだくさんで話してくれた。講義を受けているのはみんな大学院の博士課程も後半の人たちなので、Dr. Suenも大学院の試験制度と科挙試験の共通点を引き合いに出しながら、笑いを取っていた。
 もし自分が科挙の時代に生まれていれば、受験もほどほどに、何か適当に金になることをやって過ごしていたかもしれない。自分はテストでうまくやるスキルはあまり高くないし、テストのための勉強は好きな科目でも苦痛でしょうがないので、これで人生の評価が決まる社会では自分はちと厳しい。何の因果か、やむなく科挙試験みたいなのをあくせく受験していたりするわけだが、もうこれ以上は勘弁である。
 講義を聞いていて、テストというのは教育のためではなくて、時の権力を維持するための機能としての意味の方が強いのだなと考えさせられた。中世の日本では中国の文化は何でもCoolなもので、制度や文化と共にこの試験制度も日本に持ち込まれたが、世襲制度が強かったために形骸化して、テストでがんばっても意味ないジャンということですぐに廃れていったそうだ。テストでがんばりさえすれば社会階層をのし上がれるというメリットはあっても、テストですべてが縛られた社会というのは生きづらい。しかも昔も今も同じく、やはり裕福な家の方が有利なのは変わらず、建前で言われているほどには実際には可能性は高くない。そして今の日本は、「いい大学にいけば、人生の成功をつかめる」という幻想も崩れてきており、テスト中心の教育システム自体が機能しなくなっている。しかしその教育システムは、テストで成功した人々が支えており、その人々はそのシステムを維持する方向にしか進めない。今さら自己否定につながることはできないし、基本的には自分がうまくやれる今のシステムが好きだから変えたくないのだと思う。
 Dr. Suenは香港人で、テスト理論研究の分野では優れた実績をもつ研究者だ。アメリカのNo Child Left Behind政策の影響でのアメリカのテスト社会化傾向を危惧して、これまでに進めてきた中国の科挙試験の歴史研究を本にまとめて出版するそうだ。その研究からの今回の講義のポイントは、テストが社会にどのような影響を与えるかということを歴史的に考察することだった。そのための題材を提供してくれつつ、聞きながら大いに楽しんだ。彼のような仕事が学者としての優れた仕事だなと思う。学問をエンターテイメントにもでき、社会問題解決への拠りどころにもできる。そう考えると、自分は研究者たりえても、勉強嫌いが災いして、学者としては厳しいなと思う。まあ、外の世界の人々からすれば、学者も研究者も同じなんだろうけど。

大学人の時間感覚

 今週は学期末の最後の週で、みんなテストやらペーパーやらに追われている。ルームメイトも朝から晩まで青白い顔をしてペーパー書きをしていて、キッチンで会ったりすると「お前は元気そうだな」と声をかけられる。私自身も通常並に課題を抱えているのだが、やる気が出ないのと、段取り的にはある程度目算が立っているので、そんなにあせらなくてもいいので気楽にやっているのが顔に出ているのだろう。気楽にやった挙句にまた少し〆切に間に合わなかったりするのだが、もうそれも慣れたものだ。忙しいことは忙しいのだが、うまい飯を作ってテレビ見ながら食べ、研究に使う予定のMMOGのキャラ育成もやっていられるので、どうしようもなく追われているということではない。仕事の質が高まったのではなく、手を抜く技術が高まっただけのことである。
 ふと考えてみて、思い当たる大学教員で〆切に忠実で、予定の時間をちゃんと守る人というのは、日米いずれもほとんど思い当たらない。みんな一杯一杯に仕事を詰め込んでいて、〆切間際にえいやっと片付ける。そして〆切にちょっと遅れる。約束の時間も努力目標時間でしかない。大容量ファイルを大急ぎで送信できるブロードバンドの普及と、予定に遅れても連絡のできる携帯電話の恩恵を大いに受けている人たちだ。そして、学生や一緒に仕事する人たちから「○○(名前が入る)ルール」とか「○○時間」とか皮肉られながらも、そのオリジナリティや仕事の質の高さのおかげで許されている人々である。
 日本でもアメリカでも、なんで大学人というのはみんなああなんだろうと思っていたが、みんなこういう環境下でその習慣を培っていくのだな、と自分で経験してみてようやく合点がいった。そんなことでいいのだろうか。でももうほとんどその過程を終えて、すっかり行動変容してしまった気もする。会社員とか役人とか、そういうまっとうな職に就くのはもう無理な身体にカスタマイズされてしまった。大学院、特に博士課程とはそういう人間を育てるところなのだろう。

知の源泉

 夏学期のコースは、「定性データ分析」と「イノベーションの普及」の二つを取っていて、この週末から「定性データ分析」の方が始まった。毎週金曜夕方と土曜終日の授業を3週にわたって行なう短期集中コースである。このコースのインストラクターはDr. イアン・バプティスト。うちの学部のお隣の成人教育学科の学科長である。カリブ系の黒人で、見た目は完全にレゲエ兄ちゃんといった雰囲気であまり教授っぽくない定性的研究者である。うちの学部、ラーニング&パフォーマンスシステムズは、定性的研究の研究者の方が勢いがあるのだが、その勢いの源の一人がこのイアンである。

続きを読む

MOT教育プログラムの調査

 2年ほど前に、三菱総研の技術経営コンソーシアムから受注して手がけた調査の報告書が公開されているのをさっきふと見かけた。ちゃんと世の中の役に立っているようでよかったよかった。
米国大学院における技術経営教育プログラムに関する調査報告書(PDF)
2003年の秋は、まだこっちに来て収入のあてが確保できてなかった頃のことなので、たいへんありがたい仕事でありました。調査期間の3ヶ月ほどはこれにかかりっきりだった気がするが、この調査をやりきった頃は、アシスタントの職が確保できたりしながら生活が軌道に乗り始めた時期で、今思えば一つの節目だったような気がする。今読み返してみると、他の調査者には盛り込めないであろう視点で書こうと努力しているのがにじみでている。この仕事にかける気合、役に立ついいものを書こうという意欲が、知識の少なさやスキルの甘さをカバーしているような印象を受ける。当時は英語もまだぜんぜんダメだったし。
 米国のインストラクショナルデザイン教育について同じような調査をやるとしたら、誰がやるよりもいい調査をする自信があるので、どなたかたっぷり予算を用意して、私に発注してください。

教師のスパーク(2)

 前回のエントリーについて、質問をいただいた。質問の内容は、ここで出てきた二人の熟練教師はどんな質問フレーズをよく使っているか?というものだ。一番よく使っていたのは、受講者がわかりにくい言葉や抽象的な言葉を使った場合にそれを具体的に説明させる質問。それ以外は、特に質問の仕方に特徴があるというわけではなく、彼女たちのうまさは、熟練から来るゆとりによって感じる点が多いように思われた。

続きを読む

教師のスパーク

 今学期の授業はいずれも面白い。特にAliの定性的研究デザインの授業とBarbaraのID理論とモデルの授業は、いい教師の授業をライブで受けるよさが味わえる。二人とも、専門分野の知識に裏打ちされた授業の構成で、レクチャーのスキルも学生とのやり取りも熟練している。3時間の授業の中で盛り上がりがピークになる時の彼女たちの迫力はすさまじい。Aliはマシンガンのような早口で、重要な論点を圧倒的な情報量で、かつポイントを外さずに話し続ける。Barbaraはファシリテーションが冴え渡り、議論で出てきたネタをふんだんに使って、クラスを理解へと導く。

続きを読む

アンケート調査のコミュニケーション

 日本でEラーニングの研究をしているグループから、アンケート調査の回答依頼メールが回ってきた。前から何度かメーリングリストなんかで依頼が回っていたのだが、どうも回収状況が芳しくないようで、今回は担当者からのかなり悲痛な様子での依頼だった。前に来ていた依頼内容から、この調査はちょっと厳しい結果に終わりそうだなという印象を受けていたが、案の定の事態に陥っている様子だ。アジア各国での同時調査らしく、条件を同じにするために調査票は英語のものをそのまま使っていたそうだが、回答が集まらないらしく、翻訳して再度の依頼となったらしい。あまりに気の毒なので協力しようと思って調査票のWebサイトをのぞいてみたら、一問目の居住国を聞く設問で、アジア諸国しか選択肢がなかったため、私は対象者でないことがわかって断念した。

続きを読む

米国の大学学長の給料

 今日は休みなので昼頃にぼやぼやと起きだして、朝飯を食べ食べ、大学フットボールの最終戦を見ながら、大学関係者向けの新聞The Chronicleを読んでいた。「学長の給料」という別冊特集がついていて、全米各大学の学長の給料が一覧表になっている。人がいくらもらっているのかというのは、いつでも人々の高い関心事なので、ニュース価値があるということだろう。この記事によると、州立大の学長の年収は、日本円にしておよそ3000万から4000万円がおおかたの平均といったところ。私立大学になるともう少し割がよくなる。我がペンステートのスパニエル学長は約4000万円強。州立大ではまあ並の上あたり。なんかこれを見てると、安い報酬で頑張ってもらってるような誤った錯覚に一瞬陥る。全体を見ると、ワシントン大学の学長などは9000万近くもらってたりするし、大学によっては無給でやってる学長もいたりするのでまちまちである。かたやスタッフ部門の学生課ディレクタ(部長)職などは年収400万とかで求人が出てたりして、給与体系のロジックが米国の場合はずいぶん違うのだなと思う。

続きを読む

11/7(日) 学生リーダーサミット

 今日はキャンパス内のホテルNittany Lion Innで、Student Leader Summitという学生団体のリーダーを対象としたイベントがあった。私のような学生会の会長や、スポーツ系・文化系クラブ、ダンスマラソンなどのイベント系組織のリーダーが60人ほど集まった。主催は大学のStudent Affairs(日本の大学組織では学生課にあたる機能)。趣旨は、大学経営スタッフと学生リーダー間のコミュニケーション促進、学生リーダー間のネットワーク形成、学生リーダーのリーダーシップ養成、といったもの。だいぶ参加者を見積もっていたのか、会場は広いカンファレンスホールなのにずいぶん余裕があった。まずはリーダーシップのセミナーらしく、アイスブレークアクティビティから。大学のポスター何種類かがばらばらに刻まれてパズルになっているのを受付で一枚ずつもらっていて、それを協力して組み合わせて、一番になったグループが賞品をもらっていた。次にStudent Affairs担当副学長のDr. Vicky Triponeyが挨拶。昨年よその大学から引き抜かれて赴任してきた彼女は、いかにもアメリカの女性リーダーという印象。ヒューレットパッカード社のフィオリーナ会長の大学経営版とでも言えばしっくりくるかも。この会も彼女のリーダーシップのもとに、豪華キャストをそろえた一大イベントに仕立て上げられたということがうかがえた。組織をよくするには、彼女のような優れた女性を引っ張ってきて権限を与えるのが非常に有効だということがよくわかる。

続きを読む