妻来る&車買う

 東京にいる妻が長めの冬休みを取ってステートカレッジまでやってきた。二人ともそれぞれにひとりで暮らしていると粗食で済ませがちなところを、二人だとついよく食べて飲んでしまう。せっかく落ちた体重も復活基調になってきて気まずいので、少し運動を取り入れようというところ。
 妻はCNNのアンダーソン・クーパーのファンなので、日本では午前中にやっていて生では見れない「アンダーソン・クーパー360°」が生で見れると喜んでいる。普段は自分の好きな番組以外のテレビはあまり見てなくて、CNNはあまり見ていなかったので、改めてニュース番組をよく見ていると、アメリカに住んでいるくせによく知らなかったことがいろいろとでてくる。その国で生活していることでアンテナに触れる情報も多いのだけど、今はCNNやインターネットのニュースサイトでも情報としては十分に流れているし、逆にそれらに触れなければその国にいても触れないこともあるなと改めて感じた。
 それとここ数日にはもう一つ結構大きな出来事があった。妻が訪ねてくる少し前のクリスマス前の週末、車を運転中にいきなり飛び出してきた鹿をよけ切れずに思い切りはねてしまい、愛用のフォード車が大ダメージを受けた。とりあえず走るのだが、ライトは大破し、ボンネットがねじ曲がって、見た目はどうみても事故車。それにラジエーターが曲がってしまい、少し飛ばすと煙がでる始末。修理代の見積もりを取ったら、車を買った値段よりも高くついてしまうのでどうしたものかと困っていたところ、妻の一声に後押しされて今回は少しましな車を購入することにした。
 近所のディーラーを数件回り、ちょうど入荷したばかりの中古の2003年のシボレー(Chevrolet)車を勧められた。またしてもアメ車かと思いつつも、壊れたフォード車をそのまま下取ってくれて、手続きもすべてその日に終わって即納可というので即決で購入した。車のグレード自体が前の車よりも高いこともあり、快適さがずいぶん高まった。前の車はだいぶ安く変えたし乗り心地は悪くなかったものの、ランニングコストが年々増して結局金額的にはだいぶ投資額が増えていた。購入時にまとまった投資ができるかどうかにかかっているけれども、自動車のような高額商品は、できるればある程度最初にまとまった投資をして買った方が結果的には満足度が高くなるんではないかという経験を今回はした。

1 thought on “妻来る&車買う

  1. おめでとうございます、とおるさん!!
    元旦は、書初めしますが、きますか?引越ししたので、もし興味あったら、連絡ください!!

コメントは停止中です。